ベルタ葉酸サプリの薬との併用や妊娠中の注意点

ベルタ葉酸サプリ薬との併用/ピルやクロミッドと一緒に摂取は大丈夫?

妊活時に代表的な薬として女性に飲まれるピルやクロミッドとベルタ葉酸サプリを併用するとどうなるのかをご紹介します。

妊娠中に摂取する薬とサプリメントとの併用については医師に相談して飲むことを推奨します。

その際は含まれている成分表が明記された容器などを持っていきましょう。

ベルタ葉酸サプリとクロミッドの併用は効果が低下するの?

クロミッドは不妊治療を目的とした薬です。

クロミッドとサプリメントを併用する際は、「大豆のイソフラボンやレッドクローバー」のようなエストロゲンと似たホルモンが含まれた成分には気を付けたほうがよいと言われています。

結論、ベルタ葉酸サプリにはこれらの成分は含まれておりません。しかし、現在クロミッドを処方している方は念のため医師に相談して併用することが安全です。

クロミッドは排卵障害に基づく治療薬として、女性ホルモンのバランスを調整し、排卵を起こしやすくすることで、妊娠の可能性を高めます。

排卵が起こる過程では脳の下垂体から出るFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)が正常に分泌される必要があり、この二つのホルモンが卵子を包む卵胞を育成し、後に排卵を起こします。

しかし、排卵障害になると2つのホルモンが正常に分泌されず、卵胞が育たなくなってしまいます。

卵胞が分泌する卵胞ホルモン(エストロゲン)は卵胞が育つにつれて増加していき、排卵前でピークを迎え、その後減少していきます。

クロミッドを飲むと卵胞が分泌するエストロゲンを脳が感じ取るのを防止するため、卵胞を発育するために必要なホルモンが分泌されて排卵を促してくれるのです。

ベルタ葉酸サプリとピルの併用は効果が低下するの?

ピルはクロミッドとは逆に排卵を起こさせないようにする避妊を目的とした薬です。

そもそも、ベルタ葉酸サプリは妊娠前・妊娠中に健康な赤ちゃんを授かることを目的としているため、ピルとの併用では用途が異なりますよね。

ピルの効果を下げるといわれている成分として、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)といわれるものがあります。

ベルタ葉酸サプリには含まれていませんが、併用する場合で心配な方は医師に相談するとよいでしょう。

セイヨウオトギリソウは黄色い花の植物で、精神状態を安定させるための成分です。ピルとの併用で効果を下げる薬もあるため、避妊効果を下げないために注意が必要です。

ピルの効果を弱める薬
・抗生物質(ペニシリン系・リファンピシン・テトラサイクリン系・グルセオフルビンなど)
・ヒダントイン系抗痙攣薬
・催眠・鎮痛薬(バルビタール系・プリミドン)
・セイヨウオトギリソウ

引用元:山の手クリニック(低用量ピルQ&A)

ピルはエストロゲンとプロゲステロンに似たホルモンを含んでいます。

排卵をすると受精するために卵子が卵胞から出ていき、卵胞は黄体という組織に変化し、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌します。

そのためピルを摂取すると脳がそれらに似たホルモンがあり、妊娠したと錯覚するため、排卵を起こすために必要なホルモンが分泌されずに、避妊ができるようになります。

ピルは摂取すると人によって妊娠初期に生じるつわりのような吐き気、だるさ、頭痛を感じることがあるといわれています。

そのため、つわりを軽減すると言われているビタミンB6はピルとの相性がよいと言えるでしょう。

ベルタ葉酸サプリには27種類のビタミン・ミネラルや20種類のアミノ酸が配合されており、栄養バランスに優れています。

葉酸サプリの摂取だけじゃない!妊娠中に注意したいコト

妊娠中に栄養摂取に励むことは大事ですが、それと一緒に胎児に悪影響を及ぼす習慣をしているなら今すぐ見直す必要があります。

もし、妊娠中に喫煙や飲酒、カフェイン摂取を行っているなら、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、控えたほうがよいでしょう。

妊娠中にそれらによる危険性を知らずに、出産後に胎児の健康に異常が出て後悔したり、妊娠中の途中でリスクを知って赤ちゃんに影響を与えてないかなと不安を感じる方もいらっしゃいます。

厚生労働省では妊娠中の喫煙や飲酒、カフェインの摂取を控えるように推奨しており、それぞれに対する胎児へのリスクを発信しています。

妊娠中に喫煙や飲酒、カフェイン摂取を控えたほうがよい理由と胎児への危険性などについて調査し、まとめたので一つ一つ見ていきましょう。

【関連記事】ベルタ葉酸サプリはいつまで必要?いつから?摂取の効率を高める飲み方

妊娠中の喫煙には注意しよう

たばこの煙には、胎児に悪影響を及ぼす一酸化炭素とニコチンが含まれています。

一酸化炭素は胎児に酸素を運搬する過程を阻害するため、酸素がうまく供給されなくなってしまいます。

ニコチンは血管を縮小させる副作用があるため、胎盤を通じた酸素・栄養の運搬に支障をきたし、健康な赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼします。

授乳期にたばこを1日4本以上吸った方の母乳は、非喫煙者と比べて母乳分泌量が10-20%低下することが分かっているため、喫煙は妊娠中・授乳期は控えたほうがよいといえます。

また、喫煙者は非喫煙差と比べて低体重児が生まれる確率が2倍程になることもわかっています。

低出生体重児(ていしゅっしょうたいじゅうじ、ていしゅっせいたいじゅうじ)とは、出生時に体重が2,500g未満の新生児のことを言う。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia):低出生体重児

低体重児で生まれてきた場合、身体や知的障害、精神発育の遅れといったリスクや赤ちゃんの死亡率が高まってしまうといわれています。

妊娠中のアルコール摂取には注意しよう

お酒好きの方、妊娠中の疲れやストレスを忘れるための息抜きに飲酒をしたい方は、胎児に与える影響を確認しておきましょう。

妊娠中にアルコールを過剰摂取すると、胎児性アルコール症候群(FAS)を引き起こす可能性があります。

過剰摂取のアルコール量は厚生労働省によるとビール換算で1,250mlに相当します。

参考文献:たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう(厚生労働省)

過剰摂取による胎児に現れる具体的な症状は、発育障害や知能障害、顔の発達に異変が生じるなどの先天性異常です。

また、アルコールを摂取し血中のアルコール濃度が高まると、血液を主成分とする母乳にアルコールが移行することになります。

他にも飲酒の慢性化は授乳期の母乳分泌の減少に関わるとされているため、妊娠中から授乳期にかけての過度の飲酒は絶対にやめましょう。

妊娠中のカフェイン摂取には注意しよう

「毎朝必ずコーヒーを飲んでいる方」

「スッキリするためにエナジードリンクをよく飲む方」

カフェインは眠気を覚ます作用があり、頭を覚醒させるために摂取する方は多いですよね。

しかし、妊娠中に過剰摂取すると胎児の健康障害や低体重、早産、流産などのリスクがあるといわれています。

カフェインの明確な摂取量はなく、コーヒーではコップ3~4杯以内にといわれています。

また、カフェインは人によって感じ方に差があるという特徴があり、その理由はカフェインの9割ほどは肝臓にあるCYP1A2という遺伝で強さが決まる酵素によって分解されるからです。

日常で摂取する飲み物に含まれるカフェインの量をまとめました。

飲み物カフェインの含有量
コーヒー約60mg
ウーロン茶約20mg
煎茶約20mg
紅茶約30mg
コーラ10-13mg

WHO(世界保健機関)では一日のカフェイン摂取量が300mg以上の妊婦に対して、流産や低体重リスクなどの危険性をよびかけています。

参考文献:(食品中のカフェイン)内閣府機関:食品安全委員会

エナジードリンクにもカフェインは含まれており、レッドブルでは250mlあたりに80mgのカフェインが含まれています。

ベルタ葉酸サプリであれば栄養ドリンクなどに含まれているビタミンB群はしっかりと含まれているため、妊娠中に必要な栄養を栄養ドリンクで補う必要はないといえます。

タイトルとURLをコピーしました