[ベルタ葉酸サプリ/危険性]妊娠中に無添加/成分は安全なの?

ベルタ葉酸サプリをこれから飲んでみようと思っているけど、副作用が心配・・・

妊娠中に口にする物だし、赤ちゃんにも影響が出るわけだから、安全性の高い妊活サプリメントを摂取したいですよね。

ベルタ葉酸サプリが妊娠中に安全に摂取できるのかを調査し、ぜひ購入前にしっておきたい3つのポイントをまとめたのでご紹介しますね♪

ベルタ葉酸サプリの危険性は大丈夫?3つのポイント

ベルタ葉酸サプリが妊活中・妊娠中・授乳期に安心して飲める理由を紹介します。

「妊娠中に赤ちゃんに悪影響を与える成分や添加物は大丈夫なの!?」

「サプリメントとして生産から開発までしっかりと評価を受けているの!?」

ベルタ葉酸サプリが妊娠中に飲んでも安全な理由には「国産と無添加へのこだわり」、「1日4粒で過剰摂取による副作用の防止ができる」、「第三者機関のきびしい審査を受けている」の3つがあります。

妊娠中の赤ちゃんに影響を与えないように、化学合成の添加物を使用せずに、すべて天然の原料を採用しているため体にやさしいサプリメントになっています。

サプリメントなどから補う栄養素には過剰摂取することで生じる副作用があり、特に妊娠中には影響がお腹の中の赤ちゃんにまで及ぶため、購入前に過剰摂取にならないかを確認したほうがよいでしょう。

ベルタ葉酸サプリでは1日4粒をしっかりと守って摂取すれば、各成分の過剰摂取の心配はありません。

サプリメントは医薬品とは異なり、医薬品が病気の治療を目的としている一方で、サプリメントは不足しがちな栄養素の補給や健康維持が主となります。

サプリメントは国内生産のものから海外製と多岐に渡るため、安全に摂取するために選ぶ際は原料、製造の開発から出荷までがしっかりと審査・評価されているかが一つのポイントです。

ベルタ葉酸サプリでは第三者機関により放射能検出検査・残留農薬試験を受けているほか、食品工場で共通するGMP(適正製造規範)というルールより厳しい18項目以上のチェックを経て出荷されているため品質の保証は高いとえます。

妊活・妊娠中に口にするものだからこそ、飲んでも本当に副作用はなく大丈夫なんだろうかと不安に思ってしまいますが、1日4粒と定められた量をきちんと守れば心配なく不足しがちな栄養を補えますよ。

国内生産だから安全に期待できる

サプリメントは複数の成分が混ざり合っているため、通常は一つ一つの成分がどこで獲れたものなのか、海外から輸入している原料はあるんじゃないかと疑問に思いますよね。

しかし、ベルタ葉酸サプリは原料の生産から商品開発まで国内で行われており、第三者機関によって品質・生産管理の調査を経て問題がないと認定を受けているので安心があります。

国内生産された健康食品は、生産過程で加工されるすべての成分が国内で賄われているという特徴があります。

海外からの原料の輸入は鮮度が落ちるといったデメリットがあります。

国産は食品衛生法によって守られているため、科学的に認められている原料という安心があります。

また、国産の表記がない健康食品はどのような原料を輸入に頼っているかを確認したほうが安全といえるでしょう。

安全のために放射能や残留農薬の試験・調査を受けている

「原料に放射能が含まれている状態で摂取したら胎児にはどのような影響があるの!?」

「ベルタ葉酸サプリは放射能のチェックは毎回されてるの!?」

摂取する食品が放射能に汚染されている状態で、体内で吸収されると内部被ばくという被ばくをうけます。

妊娠中に内部被ばくをうけると着床時期の流産、奇形、発育の遅延といった先天性異常が生じる可能性があります。

ベルタ葉酸サプリは放射線・農薬が残っていないかを明らかにして安全性を評価するために、第三者機関にてきびしい「放射濃度検査」「残留農薬試験」の実施が行われています。

放射線濃度検査は基準値を上回る放射性物質を含んだ食品は流通ができなくなります。

また、残留農薬試験は農薬、飼料添加物、動物医薬品について厚生労働省が定めた残留濃度を基準を満たしているか否かの試験となっています。

放射線濃度検査と同様で基準を超えている場合は、食品の販売が認めらません。

殺虫剤などの農薬による食中毒を防ぐためにも、食品の農薬残留濃度の評価はとても大切ですよね。

GMP工場より厳しい審査を受けているから安全に期待できる

ベルタ葉酸サプリを製造する工場はGMPよりも基準が厳しい基準によって、原料の受け入れ調査、混合、菌検査、出荷前検査などの18項目以上のチェックを経て出荷されています。

GMPは国内の審査機関により定められた、医薬品や健康食品を製造する工場が安全に運用されているかを評価するルールであり、医薬品製造業者はGMPを遵守することが薬事法により定められている。

現在、日本では医薬品製造業者に対し GMP(Good Manufacturing Practice)を遵守す
ることが求められている。これは原材料の入庫から、製品の製造・加工、出荷に至るまで
のすべての過程で、製品が適切かつ安全に作られ、一定の品質が保証されるように、事業
者が遵守する必要のある基準のことである。

引用元:GMP 査察の実態-厚生労働省

GMPの目的は健康食品・サプリメントなどを製造する過程で有害物質の混入、添加物の製造、成分量のばらつきなどといった品質の安全を評価することです。

健康食品におけるGMPマークの取得は強制されていませんが、ベルタ葉酸サプリはGMPが定めている基準以上に厳しいチェックを行っているため、品質管理を徹底しているといえます。

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]安全性は?取りすぎはNG

「ベルタ葉酸サプリを過剰摂取したらどうなるの!?下痢になったり、腹痛にならない?」

「妊娠中の赤ちゃんに危険な成分は含まれていないの!?」

ベルタ葉酸サプリに含まれる主要な栄養素として、葉酸やその他にも27種類のビタミン・ミネラルが配合されていますが、1日4粒を徹底すれば、過剰摂取による心配はありません。

ベルタ葉酸サプリに含まれる葉酸、鉄、脂溶性ビタミン(排泄されずに体内にため込んでしまうビタミン)においては過剰摂取すると下痢や頭痛、吐き気などの副作用が生じる場合があります。

1日4粒摂取を徹底すれば過剰摂取した場合の副作用の心配をする必要なく、過剰症はレアなケースといえます。

サプリメントを毎日飲んでいると「今日飲んだっけ!?」と忘れて二度飲むことも考えられますが、4粒を2回に分けたり、飲むタイミングをあらかじめ決めておくことで、二度飲みによる過剰摂取は防げるでしょう。

腹痛や下痢-葉酸の過剰摂取による危険

葉酸を過剰摂取すると過剰症リスクがあります。

葉酸の過剰症では発熱・蕁麻疹・呼吸障害・かゆみ・紅斑などの症状が見られ、腹痛や下痢といった症状は確認されていません。

また、葉酸とビタミンB12は赤血球を構成する成分でこれらが不足すると貧血症状が現れます。

しかし、ビタミンB12が不足した状態で、葉酸を過剰摂取した場合、貧血症状が現れないため、ビタミンB12の欠乏症の判断が付きづらくなり、治療をせずに放置してしまう危険性があります。

ビタミンB12が不足した状態では手足のしびれなど神経の障害が生じる可能性を高めます。

また、葉酸は水溶性ビタミンのため、過剰摂取した場合は体内で吸収されずに排泄されてしまうので、必要量以上の摂取をするメリットはありません。

「ベルタ葉酸サプリは葉酸の過剰摂取の心配はないの!?」

ベルタ葉酸サプリの1日の摂取量4粒をしっかりと守って摂取すれば、過剰摂取の心配はありません。

ベルタ葉酸サプリの1日分(4粒)に含まれる葉酸量は400ugとなっていますが、葉酸の1日あたり摂取上限量は以下の表より1日分では超えないことがわかります。

年齢 葉酸の摂取上限量
18歳-29歳 900ug
30歳ー69歳 1,000ug

腹痛や下痢-鉄の過剰摂取による危険

鉄の過剰症は吐き気、食欲不振、腹痛、下痢、便秘、かゆみ、肝硬変による臓器障害などがあります。

鉄は血液の赤血球中のヘモグロビンの構成に欠かせず、不足すると胎児への酸素栄養の運搬、貧血といった影響が生じます。

しかし、過剰摂取すると体外へ排出されにくい特徴があり、必要量の鉄は臓器や細胞に蓄えられ、毒性となり過剰症を引き起こします。

「ベルタ葉酸サプリは鉄の過剰摂取の心配はないの?」

ベルタ葉酸サプリに含まれる鉄は1日あたり20mgであり、厚生労働省で定められている18歳以上の女性の鉄の摂取上限量は40mgとなっているので、過剰摂取の心配はありません。

鉄は特有の臭いを放ちサプリの飲みづらさの原因にもなりがちです。

しかし、ベルタ葉酸サプリに含まれている鉄は、食肉由来のヘム鉄と植物由来の非ヘム鉄のうち、鉄臭さが気にならない非ヘム鉄が採用されているので、飲みやすくなっています。

腹痛や下痢-脂溶性ビタミンの過剰摂取による危険

ビタミンは水に溶けやすい水溶性ビタミンと溶けにくい脂溶性ビタミンの二つに分類されます。

脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンとは異なり、過剰摂取した場合は体外に排泄されずに体内に蓄積され過剰症のリスクを高めてしまいます。

ベルタ葉酸サプリに含まれる脂溶性ビタミンには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEがあり、どれも妊娠中の栄養バランスに欠かせません。

しかし、「それぞれをの脂溶性ビタミンを過剰摂取すると下痢や腹痛といった症状が起きるのか?」や「ベルタ葉酸サプリで過剰摂取はないの!?」と不安を感じてしまいますよね。

具体的にどのような危険性があるのかや、ベルタ葉酸サプリで過剰摂取といわれる量を超えてしまうのかなどを調査しました。

また、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが多く含まれている食品についても続きで紹介しています。

ビタミンAの過剰摂取による危険

妊娠中に摂取するビタミンの中で最も注意したいのが過剰摂取すると胎児の奇形に関わるビタミンAです。

ビタミンAはレチノールとプロビタミンAの二つに大きく分類されます。

このうちベルタ葉酸サプリに含まれるβカロテンなどのプロビタミンAはビタミンAへの変換が体内で調整されるためビタミンAの過剰摂取には影響がでません。

ビタミンAを過剰摂取すると吐き気、頭痛、食欲不振、無気力、関節痛、脱毛、奇形児発生率の増加などがあります。

ビタミンAの摂取基準は厚生労働省により推奨量、耐用上限量が定められています。

18歳以上の女性 通常時の付加的量(RAE/日) 耐用上限量(RAE/日)
妊娠中期まで なし 2,700
妊娠後期 +80 2,700
授乳期 +450 2,700

ベルタ葉酸サプリにはビタミンAに変換されるβカロテンが含まれていますが、ビタミンAには体内に貯蔵された鉄分の利用率を高める働きがあるため、過剰摂取しなければ必要な成分なのです。

ビタミンDの過剰摂取による危険

ビタミンDを過剰摂取した場合の症状は、吐き気、頭痛、食欲不振、高カルシウム血症、腎障害などがあります。

しかし、20歳以上の日本人男女が1日にビタミンDを摂取する平均量が7.5ugなのに対して、厚生労働省の定める耐用上限量が100ugとなっているので過剰摂取は起こりにくいといえます。

また、ベルタ葉酸サプリ1日4粒でのビタミンDの過剰摂取についても心配ないといえるでしょう。

ビタミンDは不足すると骨の成長に欠かせないカルシウムとリンの吸収が十分に行われなくなり、胎児の骨量が少なくなってしまうため適量は必要です。

また、ビタミンD3の元となるプロビタミンD3は人の皮膚に備わっており、日光にあたることで、ビタミンD3になります。

日本で生活をしていれば、日光を受けることは容易なためビタミンDの不足の心配性が低いこともいわれています。

ビタミンEの過剰摂取による危険

ビタミンEは脂溶性ビタミンの中でも体内に蓄積されにくく、通常の食事ではビタミンDと同様に過剰摂取は起こりにくいです。

ビタミンEをサプリなどで過剰摂取した場合の症状は頭痛、吐き気、出血が止まらなくなるなどがあります。

しかし、厚生労働省の定める女性の上限摂取量は18歳から29歳が650mg、30歳から69歳までが700mgであるのに対して、女性の平均値が6.4mgとなってるので過剰症になる可能性は低いと言えます。

また、ベルタ葉酸サプリ1日4粒でのビタミンEの過剰摂取についても心配ないといえるでしょう。

ビタミンEはホルモンバランスの分泌を調整するため、妊娠前のホルモンバランスが乱れが原因で生じる生理不順に働きかけたり、抗酸化作用があるため疲労解消にも期待できます。

脂溶性ビタミンの過剰摂取をしないための注意点

脂溶性ビタミンは過剰摂取すると体内に蓄積されて副作用が生じる危険性があります。

ベルタ葉酸サプリを摂取することで脂溶性ビタミンによる副作用の危険性はあるのかについては、1日分に含まれる脂溶性ビタミンだけでは過剰摂取の心配はないということでした。

しかし、各脂溶性ビタミンが多く含まれる食品を過剰摂取した場合は、副作用の危険性が否めないため、妊娠中に摂取に気を付けたほうがいい食べ物をおさえておきましょう。

食品名 脂溶性ビタミンの種類 含有量
レバー(100g) ビタミンA 14,000ug
うなぎ(100g) ビタミンA 1,500ug
いわし(1尾30g) ビタミンD 15ug
さんま(1尾100g) ビタミンD 14.9ug
アーモンド(100g) ビタミンE 31.2mg
乾燥させたとうがらし(100g) ビタミンE 30.7mg

各脂溶性ビタミンが多く含まれる食品の含有量から、レバーについてはビタミンAの一日あたりの上限値2,700ugを大きく上回る可能性が高いことが分かります。

また、内閣府の食品委員会では妊娠中にレバーを週1回以上摂取しないようにと指示を出しています。

[ベルタ葉酸サプリ/危険性]無添加だから添加物による副作用は大丈夫なの?

「妊娠中に口にする物だから必要以上の添加物が含まれていないか不安」

「妊活や妊娠中に影響がでない添加物なのか!?」

ベルタ葉酸サプリでは香料、着色料、保存料、漂白剤、防かび剤、膨張剤、苦味料、光沢剤の添加物が無添加となっています。

ベルタ葉酸サプリは食品の生成と維持に不必要な添加物は配合していません。

そのため、サプリメントとして成分をまんべんなく混ぜ合わせて、錠剤として固めるために最低限しか含まれていないんですね。

ベルタ葉酸サプリには錠剤として固めるための天然由来のセルロースが含まれています。

また、βカロテンが含まれており、βカロテンはカロチン系の添加物(着色料)の性質があり、黄橙色っぽくする色素があります。

カボチャやにんじんに含まれるとして有名なβカロテンは、体内でビタミンAに変換される性質があります。

ビタミンAは妊娠中に不足しがちな鉄分の利用率を高めるために欠かせません。

ベルタ葉酸サプリの成分はすべて自然由来の素材を使っており、しっかりと原材料も全て表記されているので、安心できますよね。

[ベルタ葉酸サプリ/無添加]添加物が胎児に与える危険性は?

妊娠中に注意したい添加物として保存料に分類される防カビ剤があります。

ベルタ葉酸サプリでは保存料、防カビ剤が無添加となっていますが、防カビ剤の特性上、胎児に先天性異常、変異原性、遺伝子損傷、染色体異常が生じる可能性があります。

防カビ剤は海外で収穫されたグレープフルーツ、オレンジ、レモンといった「柑橘類」やバナナを日本に輸入する際に、収穫時点で菌の繁殖など維持目的で使用されます。

妊娠中はこれらの果物を購入するときにTBZ(チアベンダゾール)という防カビ剤の表記がされていたら避けたほうがよいでしょう。

添加物には化学合成と天然添加物があり、どちらも科学的な根拠に基づいて内閣府の食品安全委員会の評価を受ける必要があります。

添加物は安全性が認められたうえで食品ごとに必要とされたものが使用されますが、多くの添加物が含まれるほど、添加物に対してアレルギー反応が生じるリスクは高まります。

中国などの海外から輸入した食品では添加物の偽装問題もありましたので、可能な限り国産の原料を使った食品を摂取する方が安心できますよね。

[ベルタ葉酸サプリ/無添加]含まれない添加物

ベルタ葉酸サプリに含まれない添加物の性質について説明します。

着色料は食品は見た目から美味しさを感じられ、食欲を刺激されます。しかし、食品本来の色を長く維持することが難しいため、加工の際に着色料が使われます。

着色料には天然着色料と合成着色料(タール系)の2つあり、タール系の着色料ではアレルギー症状や発がん性のある着色料も存在します。

香料は食品に香りを付けたり、補う、臭い抑えることで、おいしく味わえるようにします。

香料発色剤は食品の色を鮮やかに見せるために使用されます。

漂白剤は漂白作用により色を白くします。

雑菌や除菌の効果もあり主に掃除目的で使用されています。

膨張剤はスポンジの生地やパンに使用され、膨らませる作用があります。

苦味料にはカフェインがあり苦みを加える添加物です。

光沢剤はツヤを与える添加物でチョコレートやキャンディーに使用されています。

妊娠中の注意点

妊娠中に栄養摂取に励むことは大事ですが、それと一緒に胎児に悪影響を及ぼす習慣をしているなら今すぐ見直す必要があります。

もし、妊娠中に喫煙や飲酒、カフェイン摂取を行っているなら、胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、控えたほうがよいでしょう。

妊娠中にそれらによる危険性を知らずに、出産後に胎児の健康に異常が出て後悔したり、妊娠中の途中でリスクを知って赤ちゃんに影響を与えてないかなと不安を感じる方もいらっしゃいます。

厚生労働省では妊娠中の喫煙や飲酒、カフェインの摂取を控えるように推奨しており、それぞれに対する胎児へのリスクを発信しています。

妊娠中に喫煙や飲酒、カフェイン摂取を控えたほうがよい理由と胎児への危険性などについて調査し、まとめたので一つ一つ見ていきましょう。

妊娠中の喫煙には注意しよう

たばこの煙には、胎児に悪影響を及ぼす一酸化炭素とニコチンが含まれています。

一酸化炭素は胎児に酸素を運搬する過程を阻害するため、酸素がうまく供給されなくなってしまいます。

ニコチンは血管を縮小させる副作用があるため、胎盤を通じた酸素・栄養の運搬に支障をきたし、健康な赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼします。

授乳期にたばこを1日4本以上吸った方の母乳は、非喫煙者と比べて母乳分泌量が10-20%低下することが分かっているため、喫煙は妊娠中・授乳期は控えたほうがよいといえます。

また、喫煙者は非喫煙差と比べて低体重児が生まれる確率が2倍程になることもわかっています。

低出生体重児(ていしゅっしょうたいじゅうじ、ていしゅっせいたいじゅうじ)とは、出生時に体重が2,500g未満の新生児のことを言う。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia):低出生体重児

低体重児で生まれてきた場合、身体や知的障害、精神発育の遅れといったリスクや赤ちゃんの死亡率が高まってしまうといわれています。

妊娠中のアルコール摂取には注意しよう

お酒好きの方、妊娠中の疲れやストレスを忘れるための息抜きに飲酒をしたい方は、胎児に与える影響を確認しておきましょう。

妊娠中にアルコールを過剰摂取すると、胎児性アルコール症候群(FAS)を引き起こす可能性があります。

過剰摂取のアルコール量は厚生労働省によるとビール換算で1,250mlに相当します。

参考文献:たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう(厚生労働省)

過剰摂取による胎児に現れる具体的な症状は、発育障害や知能障害、顔の発達に異変が生じるなどの先天性異常です。

また、アルコールを摂取し血中のアルコール濃度が高まると、血液を主成分とする母乳にアルコールが移行することになります。

他にも飲酒の慢性化は授乳期の母乳分泌の減少に関わるとされているため、妊娠中から授乳期にかけての過度の飲酒は絶対にやめましょう。

妊娠中のカフェイン摂取には注意しよう

「毎朝必ずコーヒーを飲んでいる方」

「スッキリするためにエナジードリンクをよく飲む方」

カフェインは眠気を覚ます作用があり、頭を覚醒させるために摂取する方は多いですよね。

しかし、妊娠中に過剰摂取すると胎児の健康障害や低体重、早産、流産などのリスクがあるといわれています。

カフェインの明確な摂取量はなく、コーヒーではコップ3~4杯以内にといわれています。

また、カフェインは人によって感じ方に差があるという特徴があり、その理由はカフェインの9割ほどは肝臓にあるCYP1A2という遺伝で強さが決まる酵素によって分解されるからです。

日常で摂取する飲み物に含まれるカフェインの量をまとめました。

飲み物 カフェインの含有量
コーヒー 約60mg
ウーロン茶 約20mg
煎茶 約20mg
紅茶 約30mg
コーラ 10-13mg

WHO(世界保健機関)では一日のカフェイン摂取量が300mg以上の妊婦に対して、流産や低体重リスクなどの危険性をよびかけています。

参考文献:(食品中のカフェイン)内閣府機関:食品安全委員会

エナジードリンクにもカフェインは含まれており、レッドブルでは250mlあたりに80mgのカフェインが含まれています。

ベルタ葉酸サプリであれば栄養ドリンクなどに含まれているビタミンB群はしっかりと含まれているため、妊娠中に必要な栄養を栄養ドリンクで補う必要はないといえます。

ベルタ葉酸サプリは甲状腺疾患の悪化に影響はあるのか?

ベルタ葉酸サプリを摂取すると橋本病やバセドウ病といった甲状腺疾患が悪化するのか!?

「橋本病やバセドウ病の人はサプリメントを摂取しても問題がないの!?」

甲状腺機能に異常が生じて起こる甲状腺疾患はヨウ素が関わっており、ベルタ葉酸サプリに含まれるヨウ素の量では発症に関わるとされている過剰量に至ることはありません。

甲状腺とは体の新陳代謝をコントロールする甲状腺ホルモンを分泌しているため、甲状腺疾患になると身体の機能が働きすぎたり、逆に停滞するといった異常が生じます。

妊娠中の甲状腺疾患は卵胞の発育に関わる甲状腺ホルモン分泌に異常が生じて発症するため、排卵障害による不妊や流産、早産のリスクを高めたり、他にも妊娠性高血圧が生じる可能性があります。

甲状腺の疾患である橋本病やバセドウ病といった病気の特徴や症状、注意点について調査したので、一つ一つご紹介します。

また、ベルタ葉酸サプリを飲む場合どうしたらよいのかも確認しておきましょう。

ベルタ葉酸サプリの葉酸やヨウ素は橋本病を悪化させるの?

葉酸やヨウ素と橋本病の関係や、橋本病の特徴について調査しました。

橋本病(甲状腺機能低下症)は甲状腺ホルモン分泌が減り、甲状腺機能が低下することで、体の代謝が働かなくなってしまいます。

橋本病になると、疲れやすくなる、無気力になる、筋肉の硬直化、眠気、むくみ、便秘、生理不順、首の腫れなどの症状が起きます。

橋本病とヨウ素の関係は、ヨウ素を過剰摂取すると甲状腺ホルモンの合成を阻止して甲状腺ホルモンに異常を引き起こします。

そのため、橋本病の患者さんはヨウ素を摂取する際は制限する必要があります。

ヨウ素の食事からの摂取量は、厚生労働省により18歳以上の女性は一日あたり150ugで妊婦は+110ug、授乳期は+190ug、上限値は3,000ugと定められています。

ヨウ素が多い食品

植物性食品 ヨウ素の含有量(100gあたり)
こんぶ 131,1000ug
わかめ 7,790ug
あまのり 6,100ug
動物性食品 ヨウ素の含有量(100gあたり)
いわし 268ug
さば 248ug
かつお 198ug
バター 62ug

参考文献:甲状腺機能低下症(厚生労働省)

昆布やわかめなどの植物性食品は過剰摂取するとヨウ素の上限値3,000ugを超えてくるため、注意が必要といえるでしょう。

ベルタ葉酸サプリの一日分(4粒)に含まれているヨウ素では過剰摂取の恐れはありませんが、心配な方はかかりつけの医師に相談して摂取するとよいでしょう。

ベルタ葉酸サプリのヨウ素や甲状腺とバセドウ病の関係

甲状腺疾患であるバセドウ病は、橋本病とは逆に甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、代謝が異常によく働く症状です。

バセドウ病の具体的な症状は、疲れやすくなる、イライラ、汗をかきやすくなる、動悸、手足の震え、眼球が突き出る、生理不順、首の腫れなどがあります。

バセドウ病は橋本病とは逆に甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑えるための薬物投与や手術などの治療が必要になります。

バセドウ病の方も甲状腺ホルモンの分泌に関わるヨウ素の過剰摂取は避けて、医師の正しい指示に従って治療を続け、治療薬とのサプリメントの併用の確認を受けるとよいでしょう。

甲状腺疾患の代表的なバセドウ病や橋本病の発症の原因は明確にわかっておりませんが、甲状腺の腫れやそれぞれに似たような症状を感じた場合は早期の治療を受け、妊娠に与える影響を最小限に抑えましょう。

タイトルとURLをコピーしました